O型ハゲの治療成分フィナステリドとミノキシジル

頭頂部の髪が薄くなる、いわゆる「O型ハゲ」は男性に起こりやすいと言われています。
O型ハゲになってしまう原因と言われているのが、「AGA」です。
AGAは男性型脱毛症とも言われており、この名前の通り男性に多いのが特徴と言われています。

テストステロンという男性ホルモンが、5αリアクターゼという酵素により、ジヒドロテストステロンへと変化する事で、AGAは発症します。
ジヒドロテストステロンは、髪を作る部分「毛乳頭」の働きを抑制してしまうのです。
毛乳頭が働かなくなれば、当然髪が生える事はありません。
ただAGAの場合、毛根自体は残っているのでジヒドロテストステロンの生成さえ押さえれば、髪が生えてくる可能性があります。
スキンクリニックなどでは、AGAによるO型ハゲの治療として、フィナステリドとミノキシジルという、2種類の内服薬を処方するケースが一般的です。

フィナステリドはプロペシアとも言われており、5αリアクターゼの働きを抑える作用があります。
5αリアクターゼが活発に働かなければ、AGAの原因となるジヒドロテストステロンも、作られにくくなる為、発毛の効果が期待できます。
ミノキシジルは頭皮の血行を改善する作用のある内服薬です。
頭皮の血流が悪い状態だと、毛根に十分な栄養が行き渡らず、発毛効果も落ちてしまいます。
ミノキシジルを服用する事で、毛根に栄養を与え発毛を促します。
AGAは男性ホルモンが原因の薄毛ですので、ミノキシジルはフィナステリドのサポートという形で、処方されるケースが多いようです。
フィナステリドとミノキシジル内服薬での治療は、1ヶ月につき約1万5000円から3万円程度が相場となっています。

関連記事
フィナステリドとED治療薬に含まれるかゆみ成分 2019年10月31日

フィナステリドは脱毛症にも使われる成分ですが、本来は前立腺の問題にも活用されていますから、ED治療薬との関係性が深いですし、意外と接点が多い事で知られています。服用タイプの製品は、体内で吸収されて作用しますから、かゆみ成分があれば全身に作用しますし、耐えがたい症状なら副作用と判断されます。しかし、一...

放置するとM字ハゲになるからフィナステリドで予防 2019年10月01日

男性の薄毛の特徴として頭頂部がO型にハゲていくのと、前髪付近がM字ハゲになる2種類が圧倒的に多いです。またどちらかが先にでるのか?それも特徴であり、そして放置しておくと、どちらも併発するのが特徴と言えるでしょう。放置するとどんどん進行が進むことから、治療を開始しなければその進行を止めることはできませ...

フィナステリド育毛剤を比較する項目とは 2019年09月05日

このフィナステリドという成分は、男性脱毛症であるAGAに効果がある医薬品です。AGAは男性ホルモンが酵素と結合することで、男性らしさの象徴を示す体毛を増やす男性ホルモンが産生されます。その男性ホルモンにこそ脱毛原因があります。このフィナステリドが薄毛の原因となる男性ホルモンの産生を抑えてくれる効果が...

野々村竜太郎になる前に…血液検査とフィナステリド! 2019年08月07日

野々村竜太郎元兵庫県議員は号泣した会見を行った人物として有名になりました。その彼はカツラ疑惑が浮上しました。彼の以前のアルバムなどが取り出され、また会見の野々村竜太郎議員の頭髪の状況が不自然だということでカツラ認定をする人が増えました。このようなカツラというものは、そのような疑惑を掛けやすく、そして...

抜毛の症状を医師に相談してフィナステリドを処方 2019年06月27日

まず抜毛が多いと感じるのであれば、自分の抜毛を観察してみてください。その抜毛の先がとがっていて細くなっているのであれば、AGA男性型脱毛症である可能性が高まります。最近は良い医薬品が登場したことで、抜毛を抑えることができます。AGA治療を行うことができる環境が整っていますので、まずは医師に相談してみ...